私たちはLiFePO4バッテリーとNiMHバッテリーの専門メーカーです
電話: +86-755-83002580     Eメール: sales@okacc.com

知識ニュース

トヨタハイブリッドバッテリーはどのくらい持ちますか?

トヨタハイブリッドバッテリーはどのくらい持ちますか?

トヨタハイブリッドバッテリーはどのくらい持ちますか? -知識-1信頼性に関しては、最大の変数の1つは車の所有者です。ハイブリッドバッテリーの寿命は、車の健康とメンテナンスの影響を受けます。バッテリーを良好な状態に保ち、ハイブリッドシステムの寿命を延ばすには、適切なメンテナンスと事故の回避が不可欠です。ハイブリッドバッテリーを長持ちさせるためのメンテナンス方法に関するヒントをいくつかご紹介します。詳細については、以下をお読みください。この記事は、ニーズに合ったハイブリッドバッテリーを選択するのに役立ちます。

80,000マイル

平均的なトヨタのハイブリッド車には、80,000マイル以上のバッテリーが搭載されています。そのバッテリーはニッケル水素電池で構成されており、コンピューター制御の充電コントローラーが装備されています。バッテリー寿命は、コンピューター制御の浅いサイクリングで最大化されます。 80%-20%バッテリー比と熱管理制御は、バッテリーの寿命を延ばすのに役立ちます。ハイブリッドバッテリーの寿命は、運転習慣、メンテナンスルーチン、充電方法など、さまざまな要因によって異なります。

バッテリーが故障すると、トヨタハイブリッドは自動的にシャットオフします。バッテリーは少なくとも80,000マイル続くように設計されており、約$2600の費用がかかります。トヨタはトヨタケアの下でこの交換をカバーします。この保証は、10年間または150,000マイル有効です。トヨタはまた、最大3.7時間の労働力をディーラーに払い戻します。トヨタのディーラーよりもハイブリッド専門店に行くほうが安いかもしれませんが、最大9.3時間の労働力が請求される可能性があります。

トヨタハイブリッドでこれらの症状のいずれかに気付いた場合は、新しいバッテリーの時期かもしれません。幸いなことに、一部の自動車サービスセンターでは、ハイブリッドバッテリーのヘルステストを提供しています。この手順により、弱いセルが元の強度の97%に復元されます。 80,000マイルでバッテリーを交換する必要はありませんが、面倒な価値があります。最高のバッテリーを入手するには、バッテリーを再生することを検討してください。改装されたハイブリッドバッテリーは80,000マイル続くはずです。

ハイブリッド車のバッテリー寿命は8年から10年ですが、それでもかなりのマイル数です。実際、ハイブリッドバッテリーは一般的に8年から10年までどこでも持ちこたえます。適切にメンテナンスされている場合、バッテリーは最大10万マイル持続する可能性があります。さらに、バッテリーの保証期間は最大15年です。さらに、バッテリーの寿命は、運転習慣、天候、運転スタイルなど、他のさまざまな要因の影響を受けます。

ハイブリッドバッテリーの交換を検討する際は、少し中古のバッテリーを購入するか、新品のバッテリーを購入するかを検討してください。前者の状態が良ければ、$2500以下で購入できます。後者は、設置時間と人件費のために、より高価になる可能性があります。また、ハイブリッド電池は従来の12ボルト電池に比べて容量が大きいため、交換価格が高くなります。ただし、余分なお金を費やしたくない場合は、少し使用したハイブリッドバッテリーの方が適しています。

バッテリーの寿命

トヨタのハイブリッドカーのバッテリーは長持ちするはずです。実際、新しいハイブリッド車のバッテリーは20万マイル以上も持続する可能性があります。中古車のバッテリーでさえ、10万マイルしか持続しないかもしれません!トヨタハイブリッドバッテリーは、このクラスで最高のバッテリーの1つです。トヨタはまた、3年間の保証でバッテリーをバックアップします。さらに、ハイブリッドバッテリーは通常、車両の寿命が続く限り持続します。これは、古い車を運転する人にとって大きなメリットになります。

トヨタのハイブリッドバッテリーは、リチウムイオンとニッケル水素の2種類のバッテリーシステムを使用しています。リチウムイオン電池はより高価で長寿命ですが、信頼性が高く、充電時間が短くなります。最も一般的なタイプのハイブリッド電池であるニッケル水素電池は、より安定していて予測可能です。ニッケル水素電池は長い間市場に出回っており、トヨタプリウスの生産に20年以上使用されています。

保証期間が終了すると、ハイブリッドバッテリーの寿命を予測することは困難です。トヨタは当初、ハイブリッドバッテリーに8年または100,000マイルの保証を提供していましたが、現在は10年または150,000マイルに延長されています。これを書いている時点で、トヨタはバッテリーの保証付きのハイブリッドモデルを1つだけ持っています。ただし、中古のトヨタハイブリッドを購入した場合でも、元の保証の対象外であるため、バッテリーには十分な保証が付いています。

中古のトヨタプリウスを購入するときは、トヨタハイブリッドバッテリーの寿命を知ることが重要です。トヨタのエンジニアは、ハイブリッド車の効率と、1回の充電で得られる範囲を調査しました。あなたはあなたのトヨタハイブリッドバッテリーをきちんと世話することによってあなたのバッテリーの寿命を決定することができます。車を1日2回未満運転すると、バッテリーが使用できなくなったり、長さが足りなくなったりする場合があります。

トヨタハイブリッドバッテリーは、あなたの車の寿命が続くように設計されています。バッテリーは自己充電式で、プラグを差し込む必要はありません。これに加えて、トヨタハイブリッドコンポーネントの5年間または10万マイルの保証が受けられます。つまり、バッテリーパックを交換する必要はありません。トヨタのハイブリッドバッテリーは、整備士が毎年チェックする必要があります。ただし、中古のトヨタハイブリッドバッテリーは、地元のトヨタ販売店で購入することができます。

新しいバッテリーのコスト

新しいバッテリーは高価になる可能性がありますが、いくつかのことを考慮に入れると、大幅にコストを削減できます。古いものをリサイクルすることもできます。これにより、コストが約3分の1削減されます。さらに、人件費を支払う必要があります。人件費は、住んでいる場所や運転する車両によって大きく異なります。ただし、平均コストは、聞いたことがあるかもしれない$1,300ステッカー価格をはるかに下回っています。

ハイブリッドカーバッテリーの大部分はニッケル水素電池で作られていますが、新しいモデルではリチウムイオンバッテリーが使用されており、軽量で安価に製造できます。リチウムイオン電池もより速く充電され、ホイールにより多くの電力を供給することができます。トヨタのすべてのプラグインハイブリッドはこれらのバッテリーを使用しています。一方、電池業界はより良いものの開発に取り組んでおり、来年までにはリチウムイオン電池よりもはるかに優れていると予想されています。

ただし、高品質のハイブリッドバッテリーが必要な場合は、高価になることを知っておく必要があります。新しいバッテリーは最大$1,500の費用がかかりますが、使用済みのバッテリーは最大$3,000の費用がかかります。同様に、人件費は、再構築されたバッテリーで最大$1,500かかる可能性があります。使用済みバッテリーに関連するコストは、新品のバッテリーよりも費用がかからないため、避けるのが最善です。

最終的に、新しいトヨタハイブリッドバッテリーのコストは、使用するモデルとメカニックによって異なります。ただし、バッテリー交換の平均コストは、数年前よりもかなり低くなっています。新しいトヨタハイブリッドバッテリーの低コストにもかかわらず、多くの消費者は新しいものを入手するプロセスが少し高価であると感じています。数年前、新しいバッテリーは数万ドルかかるかもしれません。したがって、新しいトヨタハイブリッドを購入する前に、この費用と将来期待できることについて詳しく学んでください。

新しいトヨタハイブリッドバッテリーの平均コストは、モデルとタイプによって異なります。プリウスハイブリッドバッテリーの交換費用は$2,200から$4,100の間です。これには人件費は含まれていません。一部のハイブリッドでは、$1,000を超える人件費が必要です。これは、新しいトヨタハイブリッドバッテリーの総コストが$1700と$4,100の間になることを意味します。また、自分で車を修理するか、専門家に持って行くかによっても異なります。

ハイブリッドバッテリーのメンテナンス

トヨタのハイブリッド車をお持ちの場合、バッテリーを維持するための最初のステップは、定期的にバッテリーを修理することです。サービスセンターがバッテリーの状態をチェックし、故障した部品を交換します。このプロセスには1時間ほどかかります。ハイブリッドバッテリーは高電圧部品であり、交換するのは危険です。性能が低下し始めたら、必ずサービスセンターにご持参ください。

問題を診断するには、車をトヨタサービスショップに持っていきます。他の良いハイブリッドバッテリー修理店も利用できます。選択した整備士が強力な車両スキャナーを備えていることを確認してください。ほとんどの修理店のスキャナーはハイブリッドのコードを取得できず、誤った診断になります。これには、数千ドルではないにしても、数百ドルの費用がかかります。トヨタハイブリッドバッテリーのメンテナンスはあなたの車のバッテリーの寿命を延ばし、あなたにそれを楽しむためにより多くのマイルを与えるでしょう。

ハイブリッドバッテリーの平均寿命は約8〜1万マイルです。多くのトヨタハイブリッドカーの所有者は、20万マイル以上のバッテリー寿命を報告しています。バッテリーの寿命を最大限に延ばすには、バッテリーが10万マイル以上残っている中古のハイブリッド車を購入することを検討してください。バッテリーを長く保管するほど、燃料費は低くなります。中古のトヨタハイブリッドカーを購入する場合でも、バッテリーの走行距離に注意してください。

トヨタハイブリッドバッテリーの寿命は、いくつかの要因に依存します。ハードドライブは寿命を縮める可能性がありますが、気候などの他の要因も寿命に影響を与える可能性があります。理想的には、トヨタのハイブリッドバッテリーは15年間続くはずです。バッテリーが切れると、車の燃費が低下し、車の速度が上がります。ただし、バッテリーが切れたとしても、ガスで動作し、車を動かすことができます。これを定期的に行うと、燃費が大幅に向上し、燃費も向上することが期待できます。

前:

次:

返信を残す

10 + = 14

伝言を残す

    7 + 7 =